本文へスキップ

永井勝建築設計事務所は、個人住宅・共同住宅を中心に設計・監理を行う設計事務所です。

考えCONCEPT


■設計すること


建物を設計することは、ただ単に線を引き図面を書くことだけではありません。

建築主に代って、建物に対する想いを1本の線から形にしていくことが設計することだと考えています。

1つ1つの建物に建築主一人一人の想いがあるように、私のデザインスタイルもその建物ごとにさまざまで決まったもの

はありません。

なぜ、スタイルが決まっていないのか?建物は建築する場所も違う、気候風土もさまざま、その土地によって法律的な制

約も違う、そんな違いのある条件の中では必然的にスタイルにも違いが生まれてきます。そして、1番大切なのは1つ1

つの建物ごとに建築主一人一人の想いがあるからです。

私は、『建築主の想いを形にする』をモットーに、建築主との対話を大切にし設計を行っています。私の考えやデザイン

を推しつけるのではなく、説明し理解して頂いたうえでご提案しています。

設計することとは、世界に1つしかない建物を建築主と一緒になって造り上げていくためのプロセスなのです。

■大切にしていること

建物を設計する上で大切にしていること、

「間取り」・「デザイン」・「構造」・「機能性」・「街との調和」、あともう1つ「予算」。

建物を建築するためには、一番最後の「予算」の問題が否応なしに付いてきます。

いくら、「間取り」・「デザイン」・「構造」・「機能性」・「街との調和」すべてにおいて、すばらしい設計図が完成

しても、それが「予算」を大きく超えてしまってはほとんどの場合、実際にそのまま建築されることはないでしょう。

しかし、どれか1つを削ることはしたくない、そんな葛藤をすることはよくあります。

そういった時は、建築主との対話の中から優先順位をつけるようにしています。

どうしてもここだけは譲れないという、建築主の「こだわり」を読み取り必ず設計に取り入れるようにし、その他の要素

の中で「予算」を抑えるように努力します。

「予算」の中で、出来ること出来ないことを判断し建築主に助言することも大切なことだと考えています。

「予算」を把握し、その上で他の要素を最大限に取り入れることを大切にして設計を行っています。

■設計事務所の役割

設計事務所の役割とは、

設計をすること、建物が設計通りに造られるように現場をチェックすること、完成した建物に関してメンテナンス等のア

ドバイスをすること、大きく分けてこの3点と考えています。

ですから、当事務所では設計だけを行うことはしておりません。どれか1つでも欠けたら、設計事務所としての役割が果

たせないと思うからです。

設計事務所として、責任をもって建物を設計しているからこそ完成するまで見届ける義務がありますし、完成してからも

建物をずっと見続けていくことが設計事務所の役割だと考えています。


バナースペース

永井勝建築設計事務所

〒463-0010
名古屋市守山区翠松園3-408-2

TEL/FAX:052-792-5922